だいかねの家|滋賀県で注文住宅を建てるなら東近江市の大兼工務店

0120-15-4939

ブログ REPORT

注文住宅と建売住宅どちらが良い? それぞれのメリット・デメリットを比較しました

マイホームを検討するとき、「注文住宅を建てるか、それとも建売住宅を買うか」で迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。どちらにも一長一短ありますから、それぞれのメリット・デメリットを理解することで選択しやすくなるかもしれません。

このコラムでは、注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットを説明するとともに、どんな人が向いているかも紹介します。

 

 

注文住宅とは?

注文住宅とは、間取りや建材、設備など、すべての部分に施主の希望を反映させた家のことです。

趣味やライフスタイル、家族構成など、その家に住む人の嗜好やニーズに合わせて、自分たちの思い描く家を1から建てられることが、注文住宅を選ぶメリットといえるでしょう。

 

 

注文住宅のメリットとは?

 

自由設計で理想の家が建てられる

注文住宅のメリットの一つが、自分たちの希望に近い家を手に入れられることです。構造や間取り、最新システムやこだわりの設備、インテリアや外観デザインなど、すべての部分において、家族の意見を反映した住まいを自由に設計できます。

すべての希望を満たすには、法律や条例などクリアしなければならない条件もありますが、理想のマイホームを手に入れられる点では建売住宅より有利といえるでしょう。

 

 

予算に合わせた家づくりができる

家づくりの予算の使い方も自由という点も、注文住宅ならではの特徴です。こだわりたい部分にはとことんお金を注ぎ込み、その一方でこだわりはないけど必要不可欠な設備などで節約する、といった予算配分をすることで、予算オーバーを防ぎつつ理想の家を建てられます。

また、将来を見据えてリフォームしやすい家を建てることも可能です。子どもが増えたとき、成長して家を離れたとき、自分が老後になったときなど、その時々の家族構成やライフスタイルに適した間取りを想定した上で施工することによって、将来かかるリフォーム費用を抑えることにもつながります。

 

 

建築中の様子を確認できる

新しい家が建っていく様子を、自らの目で確認できることも注文住宅のメリット。基礎や構造など、家が完成したら見えなくなる部分も確かめられますし、疑問点があれば現場監督に質問して解決できるなど、安心感の高い住まいが建てられます。建築中にちょっとした変更があれば、対応してくれるかもしれません。

建築中の建売住宅でも、その様子を確認させてもらうことは可能ですが、仕様が決まっていることが多く変更などに応じられないケースがほとんどです。

 

 

注文住宅のデメリット

 

建築コストが高くなりやすい

建売住宅と比べて、注文住宅は予算が高くなる傾向があります。その理由の一つが、工期が長いこと。建売住宅の場合、設計が同じ家を複数同時に建てるなどの工夫によって工期を短縮し、人件費を抑えることが可能です。一方で注文住宅は、設計からじっくり時間をかけて世界に一つしかない家を建てますから、人件費も材料費も高くなりがちです。

予算配分に注意しても、最終的な建築コストは建売住宅よりも高くなるのが一般的です。

 

 

完成イメージと違うことも

すでに完成している建売住宅なら住み心地や設備の使い勝手などを確認できますが、注文住宅は家が建たないと完成した住まいを見られません。完成した家に入ってから、予想よりも狭く感じたり生活動線が悪かったりといった、イメージとはかけ離れていると感じる方も少なくないようです。

施工会社の完成イメージは、モデルハウスや完成見学会でも確認できます。いずれかを展開している会社に足を運んで確認することも、完成イメージとの相違を抑えることにつながるでしょう。

 

 

ローンが複雑になりがち

住宅ローンを利用して注文住宅を購入する予定の方は、複数のローン契約を結ぶ形になる場合があります。

一般的に住宅ローンは、建物を引き渡した後に実行されますが、注文住宅の場合、土地探しから始める方だと土地代が必要ですし、工事が始まると着手金や中間金が必要になるなど、ローン実行前に多額の資金を用意しておく必要があります。つなぎ融資など別のローン契約を結ぶ必要がある場合、金融機関が対応しているか、あらかじめ確認することが大切です。

 

 

建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と建物を一緒に販売している分譲住宅のことです。

主に、不動産会社が中心になって施工会社と一緒に間取りや設備などの仕様を決め、現代のニーズに合わせた住まいを提供しています。大規模分譲地の場合は街づくりと一貫して進められるケースもあり、周辺環境の良い立地になることも特徴です。

 

 

建売住宅のメリットとは?

 

注文住宅よりも割安になることが多い

建売住宅を企画する不動産会社や施工会社は、建材や設備などをまとめて購入することで資材調達コストを抑えたり、工事を同時進行することで工期短縮や人件費削減を行ったりと、全体のコストを抑えながら家づくりを進めています。設計からじっくり打ち合わせをして一つひとつの建材を集める注文住宅よりも、割安で提供できるのが建売住宅のメリットです。

また、完成価格がわかる点も建売住宅の特徴。建築中の仕様変更などによる追加費用が生じるリスクもありませんから、完成価格を明確に提示できます。

 

 

住み心地を確認した上で選べる

すでに完成している建売住宅であれば、建物を内覧した上で購入を決められます。設備の使い勝手や生活動線の確認、気温や湿度を含めた室内環境などもすべてチェックできますから、住み始めてから「こんなはずではなかった」と後悔することは少ないでしょう。

また、短期間で新居に引っ越せることも建売住宅のメリット。売買契約を結び引き渡しとなれば、すぐに住み始められます。物件探しの時間は必要ですが、子どもの入学に合わせて引っ越せるといった、先の予定が立てやすいことも建売住宅を選ぶ利点です。

 

 

ローン計画も立てやすい

建売住宅なら、家の購入コストを住宅ローン一本で賄えます。

注文住宅のように、土地代や建築コストの一部を別のローンで用意する手間もなく手続きを簡素化できますし、頭金も注文住宅より少額で済ませられるケースが多いようです。

 

 

建売住宅のデメリット

 

自由度が低い

すでに完成している建売住宅の場合、購入者の希望による仕様の変更は原則できません。建築中の場合でも、設計プランは確定しているためちょっとした変更でも対応できないケースがほとんどです。

なお、最近は設備や仕様が変更できるセミオーダーの分譲住宅を展開している施工会社も登場しています。こうしたところを選ぶと、建売住宅でもこだわりの設備やインテリアを採用できるなど、理想に近いマイホームを購入できる可能性があります。

 

 

画一的な住まいになりがち

建材や設備などを大量購入して建てることの多い建売住宅は、どうしても同じ仕様の住まいが並ぶ傾向があります。とりわけ大規模分譲地の場合、街並みに統一感を持たせるといった目的もあるため、隣の家と同じデザイン、同じ設備の家が並ぶケースが多く、注文住宅のような個性的な住まいは希少です。

最初は分譲住宅で探していたけど、自分たちの思い描いた家が見つけられず、注文住宅を検討される方もいらっしゃいます。

 

 

建築途中の過程を見られない

すでに完成している建売住宅だと、基礎や躯体構造などは確認できません。自分の目でしっかり確認してから選びたいという方には、少し不安が残ることもあるでしょう。

ただ、不動産会社や施工会社にとって建築ミスのある不良物件を販売することは、リスクしかありません。そのため、注文住宅と同様に何重ものチェックをおこなっていますし、引き渡し後も10年間は瑕疵担保責任が負わされています。何よりも、信頼できる会社で購入することが重要なポイントでしょう。

 

 

注文住宅と建売住宅、それぞれどんな人に向いている?

注文住宅と建売住宅は、その家に住む人の考え方やライフスタイルなどによっても、どちらが良いか選びやすくなります。それぞれに向いているタイプについて、考えてみましょう。

 

 

注文住宅が向いている人

注文住宅は、設計自由度の高さが特徴ですから、家づくりにこだわりたい方に向いているといえます。デザインや設備など建売住宅では難しいこだわりがある方や、それを実現するためなら手間や費用を惜しまないという方には、注文住宅が適しているでしょう。

また、設計からじっくり時間をかけて家づくりを進めるため、その時間をつくれることもポイントの一つ。土地探しから始める場合は土地の選定する時間が必要ですし、設計事務所や施工会社を決める必要もあります。さらにプランニングの段階では、構造や間取り、デザインなど決める要素が多く、打ち合わせだけでも何時間も費やします。これらの時間をあらかじめ確保できる人も、注文住宅が向いているでしょう。

 

 

建売住宅が向いている人

建売住宅は、こだわりが少なく既存の仕様でも満足できる方に向いています。こだわりが少ないといっても、数千万円もの買い物です。買った後に後悔しないよう、部屋の隅々まで細々とチェックしてから家を選びたいという方にも適しているでしょう。

また、家づくりに時間をかけられないという方も、建売住宅が良いかもしれません。購入までの流れは、不動産情報サイトなどで気になる物件を探し、管理している不動産会社と一緒に内覧をして、条件がマッチすれば契約して新居に引っ越せますから、注文住宅よりも短期間で家を購入できます。完成物件なら、最短1ヵ月ほどで決める方もいますから、先の予定が決まっておりできるだけ早く入居したいという方も、建売住宅がおすすめです。

 

 

まとめ

建売住宅と注文住宅。どちらが良いかは、人それぞれのため、一概にはいえません。いずれにしても、「どんな家に住みたいか」という希望条件を固めることから始める必要があります。その上で、どうしても譲れない条件が建売住宅で満たされなければ、注文住宅を選ぶのも一手です。

また、注文住宅は家づくりに時間をかけられることもポイントになります。家のことにあまり時間をかけたくない方であれば、建売住宅を選んだ方が時間を有意義に使えるでしょう。