だいかね コーポレートサイト

守山市 S様邸古い街並みにも調和する新鮮でモダンな切妻の家

 

今回ご紹介させて頂きますお客様は守山市で施工を担当させていただきましたS様邸です。
まず特徴的な外観は正面ファサードが切妻屋根が2つ連なった形状で、外壁は杉板と白モルタルの掻落しで構成。敷地周辺の歴史的な街並みをにも調和しつつ新鮮な外観のお家になりました。
大きな玄関ドアを開けると玄関土間空間。奥の書斎の窓からは鳥居を望むことができます。土間の壁は外壁と同じ杉板張り。内部でありながら書斎へのアプローチは外部空間を連想させ、ONとOFFの切替えが行えるよう意図したデザインです。
リビングの壁は外壁の杉板張りを連続させています。床のフローリングは杉板の木目に比べておとなしいものをということで樺桜を採用。テレビボードはセランガンバツで外部のウッドデッキと繋がります。外壁材やデッキ材を内部に引込み連続性を作ることで、開放感あふれる空間となるよう設計されています。
寝室のトップライトからは、毎日清清しい光が差し込み気持ちのいい目覚めを迎えられる事でしょう。
仕上げ材・光の採り方・住宅設備機器・佇まい・全てのディテールに至るまで、お施主様と設計者様の拘りの詰まった作品となりました。