だいかねの家|滋賀県で注文住宅を建てるなら東近江市の大兼工務店

0120-15-4939

ブログ REPORT

子育てしやすい間取りの特徴は?間取りのポイントや育児への影響も解説

子育て世帯にとって家の「間取り」は、育児にも大きな影響を与える要素の一つです。

間取りの良し悪しで、子育てのしやすい家かどうかが決まるといっても過言ではありませんから、十分に検討した上でプランニングしていくことが大切です。

では、子育てのしやすい間取りとは、具体的にどのような間取りなのでしょうか。

子育て世帯が間取りを検討する上で、参考になるポイントをお伝えします。

 

 

子育てのしやすさから間取りを検討する重要性

子育てには、何かとストレスがたまる出来事が常に起きます。
たとえば、小さいお子さんのいる家庭だと「子どもから目が離せず家事がなかなか進まない」ということもあるでしょう。

遊んでいる子どもがリビングを散らかして「片付けが大変」と悩むこともあるでしょうし、家族が増えると家事も増えるため「家事動線の悪さがストレスに感じる」という方も少なくありません。

一方で、子どもには「のびのびと遊ばせたい」と広い空間を求める方もいらっしゃいますし、家事の時間などを短縮して「子どもと過ごす時間を増やしたい」と要望される方もいらっしゃいます。

こうした課題解決や要望は、家の間取りを工夫することで実現できる場合があります。

たとえば、LDKにオープンキッチンを採用すれば、子どもを見守りながら炊事ができるようになりますし、リビングが散らかっても収納スペースが近くに配置されていれば片付けがスムーズになるでしょう。

家事動線の良い間取りにすることで家事の負担が軽減し、子どもとゆっくり過ごす時間を確保しやすくなります。

 

 

子育て世帯におすすめの間取りを実現するためのポイント

子育てのしやすい間取りを検討する際には、以下のポイントを満たすような間取りを考慮することが大切です。

・収納スペースを適材適所に配置する
・子ども目線で間取りを計画する
・将来を見越した間取りを計画する

それぞれのポイントについて解説します。

 

収納スペースを適材適所に配置する

子育て中は、おむつやおもちゃなどの「モノ」が多くなりがちですから、十分な収納スペースを確保することが大事です。
ただし、収納スペースは広ければよいわけではありません。
「片づけたいところに収納スペースがある間取りにする」ことが、部屋を散らかりにくくするためのポイントです。

たとえば、子どもが小さいうちはリビングで遊ぶことが多いと思います。
いつも遊んでいる場所の近くに、おもちゃ置き場や本棚などを設けることで、使い終わったらすぐに片づけられるようになるでしょう。
子どもが成長したら、片づける習慣が自然と身につくことも期待されます。

リビングの隣に、広めの収納専用スペースを確保するのも一手です。
急な来客があった際など急いで片づけたい時には、どこに何をしまうかを考える必要がなく、迅速に片付けられます。

 

子ども目線で間取りを計画する

間取りを考える際には、子どもの目線で考えることも大切です。
先ほどお伝えした収納の箇所も、子どもの身長や手の届く範囲にあわせて位置を検討することで、片付けの習慣を身につけやすいといわれます。

また、コミュニケーションの取りやすい間取りにする場合でも、子ども目線で考えることがポイントです。
たとえば、小学校低学年まではリビングで過ごすことも多いので、一角にスタディコーナーを設けても良いでしょう。
わからないことがあれば、すぐに親に相談できるなど、コミュニケーションが活発になります。

子どもが寝静まった後に家事をすることが多い家庭なら、寝ている部屋とランドリールームなどの場所を少し離した間取りにするのもおすすめです。
子どもが起きてくることも少なくなりますし、家事もスムーズに進みます。

 

将来を見越した間取りを計画する

小学生になると、子ども部屋を用意する必要があるでしょう。
きょうだいのいる家庭であれば、最初は同じ部屋でも、いずれ自分専用の部屋を欲しがるときが来るかもしれません。
こうした場合に対応しやすいよう、あらかじめ部屋を区切れるように可変性のある間取りにしておくと、部屋数を柔軟に変えられます。

なお、子ども部屋が必要なのは10~15年くらいといわれます。
独立した後の子ども部屋を有効活用する上でも、可変性のある間取りにしておくと便利です。
壁を取り外して広い空間にしても良いでしょうし、壁はそのまま設置しておき夫婦それぞれの趣味の空間として使うのも一手です。
将来を見越して、使いやすい間取りを検討しましょう。

 

 

子育てしやすい間取りを実現するためのポイント

子育てしやすい間取りを実現するための、具体的なポイントを紹介します。
間取りを検討する際には、以下の点も参考にされてはいかがでしょうか。

 

リビング・ダイニングは広めに確保する

開放感のある広いリビングやダイニングは、居心地も良く、家族が自然と集まってきます。
子どもが走り回ったり、おもちゃを思い切り広げて遊んだりと、のびのびと育つ環境としても適しているでしょう。

キッチンは、オープンキッチンを採用される方が増えています。
炊事をしながら遊び回る子どもの様子を見守れますし、転んでケガをするなど何かあった時にもすぐに駆けつけて対応しやすくなりますから、ストレス軽減にも効果的です。

 

リビングの一角にスタディコーナーを設置する

小学校低学年くらいまでのお子さんは、リビングやダイニングで宿題などの勉強をすることも多いでしょう。
子どもが勉強できる専用スペースとして、リビングやダイニングの一角にスタディコーナーを設けるのも一手です。

オープンキッチンの近くに設置すれば、料理をしながら子どもに教えることができますし、お絵かきや折り紙、工作などを親が手伝う際にも重宝します。

最近はテレワークの普及で、ワークスペースを求める方も増えています。
スタディコーナーがあれば、デスクワークをするスペースになりますし、仕事をしている隣で子どもの勉強を見守ることも可能です。子どもとのコミュニケーションも増えるでしょう。

 

リビングに隣接する和室も便利

リビングの隣に和室のスペースを設けると、何かと便利です。
散らかったリビングの子ども用品を和室にしまえば、急な来客時にもスムーズに対応できますし、そもそも子どもの遊び場として活用すればリビングが散らからずに済みます。
お昼寝をするときにも、そのまま寝かせられるので、眠っている様子を見ながら家事を進められます。

リビングの一角に、小上がりの和室を設けるのもおすすめです。
おしゃれな空間を演出できますし、和室の下に引き出し式の収納スペースを確保すれば、子どものオムツやおもちゃなどを片づける場所として活用できます。

 

リビングと玄関の収納は適材適所に

子どもが小さいときは、リビングで過ごすことが多いため、リビングの収納は広めに確保しておきたいところです。
おもちゃや着替えなどの子ども用品をすぐに取り出したり、片づけやすかったりする位置を検討し、収納スペースを確保しましょう。
小学校に上がってからも、通園・通学用品を置く場所として活用できます。

また、玄関も収納を広めに確保しておきたい箇所です。
小さい頃には、ベビーカーや三輪車などを置くスペースが必要ですし、子どもが進学すれば部活のスポーツ用品などを置くスペースも必要になってきます。

最近は、「土間収納」にも人気があります。
子どもがいつも使うバックや帽子、レインコートなどを置く場所として活用されるほか、ゴルフやレジャー用品など親の趣味のアイテムを置く場所としても重宝します。

 

家事がはかどるスムーズな家事動線

子育て世帯ではない方でも、家事動線は家の住みやすさを決める重要なポイントです。
普段の生活を振り返って、「どこに何があると家事の負担を軽くできるか」を考えながら、間取りを決めていきましょう。

たとえば、炊事やお風呂の準備などを一緒に進めることが多い家庭なら、水回りを一カ所に集めた間取りにすることで移動距離を短くでき、家事の負担も軽減します。
負担が減ればリビングで遊んでいる子どもの世話もしやすくなるでしょう。

洗濯機置き場と物干し場を一直線につながる間取りにすれば、洗った洗濯物を持って歩き回ることも少なくなります。

最近は、洗濯の作業を一カ所で完結できる「ランドリールーム」を求める方も多いです。
部屋干しもできますから、時間や天候に関係なく洗濯物を干せますし、花粉やPM2.5といったアレルギー物質の付着も防げます。

ランドリールームに下着やタオルなどをしまう収納スペースを設置したり、服をしまう収納箇所とつながる動線にしたりすることで、「物干し」→「片付け」の手間が省け、家事効率も改善します。

 

子ども部屋は可変性のあるつくりに

子ども部屋にする空間には、壁やふすまなどを取り付けられるよう、あらかじめ下地を入れておくと良いでしょう。
子どもが増えたときには壁を取り付けることで、それぞれの部屋を確保できますし、独立した後は壁を取り外して広い空間に戻すことも可能です。
もちろん、それぞれ独立した部屋として壁を残し、夫婦それぞれの空間にしても良いでしょう。

部屋数を変えられるように子ども部屋をプランニングしておけば、将来の使い道にも選択肢が生まれます。

 

 

まとめ

子育てしやすい間取りを考えるときは、子どもとのコミュニケーションの取りやすさを重視することが大切です。
子どもが小さいうちは、家事をしながらでも見守れるように間取りの工夫が求められますし、学校に行くようになればスタディコーナーやリビング階段などを設けることで、自然と会話が生まれるようになるでしょう。

また、独立後も子ども部屋などの空間を有効活用するために、子どもの成長に合わせて変えられる間取りにしておくと便利です。
さまざまな視点から、家族のコミュニケーションが絶えない間取りを検討しましょう。

新築完成見学会や無料相談会など
最新のイベント情報はこちら