だいかね コーポレートサイト

SE構法 COMPANY

木に金属という安心

安心と安全が住宅建築の
かたちになりました。

東日本大震災において、SE構法で建てられた建築の地震による倒壊はゼロ。


強度の高い集成材の接合部に、独自の金物を用いる構法は、在来の軸組工法と比較して、断面欠損の少ない強固な接合部を生み出します。
接合部分が強靭であることにより、柱と梁のみで揺るぎない強度の骨組みを生み出すことが出来ます。
柱と梁で建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、SE構法は接合部を強化した堅牢なラーメン構造。骨組み全体で建築を支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。
柱や区画の壁が少ないために、光を取り入れる大きな開口部や窓、出入り口、そして広々とした吹き抜け空間が安全に実現できます。

SE構法の優れた耐震性能

  • 構造計算

    自然災害にも耐えうる構造を設計するため、構造計算により家の強さを証明しています。耐震構法SE構法では構造計算によって、あらかじめ地震の揺れや風の力を想定し、それに耐えうる性能を持った住宅づくりを可能にしています。

  • 集成材

    部材、接合部の強度が明確だから構造計算が可能。建物の強さがわかる。平角柱を使用した耐力フレームにより、強さを保ちながら、大開口や車3台のスペース確保をも可能にするビルトインガレージなど、ラーメン構造による木造住宅の可能性を広げています。

  • 耐力壁

    JAS特類1級の耐力壁が外部からの強い力に耐え、安全性を確保します。一般的な在来軸組工法では、建物に加える横向きの力を、筋交いによって強さを補っている壁で支えています。

  • SE金物

    独自のSE金物が、集成材、耐力壁、床合板それぞれの強さを活かしています。一般的な在来軸組工法では、地震や台風などで大きな力が加わったとき木材はゆがみ、釘を打った穴も広がります。SE構法は、繰り返しの力に耐力を保つことができます。

  • 地盤・基礎

    全棟、地盤と建物をつなぐ基礎から構造計算することで、家は倒れない。「耐震構法SE構法」では、地盤調査に基づき、基礎の構造計算を全棟で実施しています。

  • Sボルト

    柱、梁の圧倒的な強さと壁のねばりが、幾度の地震に耐える。木材の経年変化にも決してゆるまないSボルトが、柱と梁を一体化させ、JAS特類1級の耐力壁が外部からの強い力に耐え、安全性を確保します。

詳しくはこちら

施工例